行政書士ブログ

心配を安心に変える! 知っておきたい、おひとりさまの対策。

心配を安心に変える!
知っておきたい、おひとりさまの対策。

行政書士法人みらいリレーション福岡オフィスの古賀でございます。

この正月、実家の雑煮にシイタケが入っていました。
福岡事務所がある博多の雑煮は、各ご家庭で具材は違えど、アゴダシ(トビウオのだし)、丸餅、鰤、かつお菜がメインです。実家の雑煮もアゴダシ、丸餅、かつお菜ではありますが、今までシイタケにお目にかかったことはなく、何事かと思えばおいしそうだから入れてみたとのこと。
幼少期からずっと雑煮は不変のものと思っていましたが、どうも私が気づかない間に度々マイナーチェンジが行われていたようです。

丸餅の横に浮かぶシイタケを眺め、伝統も大事にしつつ、新しいものも取り入れ、よりよいものにしていく精神も忘れないようにしたいと思ったお正月でした。
(長崎県島原ではおいしいお雑煮の郷土料理・具雑煮が一年中いただけますのでご旅行の際にはぜひ召し上がってみてください。)

さて、行政書士法人みらいリレーションでは皆様のこれからに備えるお手伝いをさせていただいております。

先日、おひとりで暮らしておられるお客様よりご相談を受け、これからの備えとして遺言書作成、身元保証委託契約、任意後見契約、委任契約、尊厳死宣言、死後事務委任契約をご提案いたしました。

具体的には、●施設入所や入院時に求められる身元保証人●入院時などご本人様が動けない時の生活費の引出しや日用品の購入・支払い●認知症などでご本人様が判断できない状況になったときの財産管理や施設・病院との契約●万が一の事態が生じたときのご葬儀、お部屋の片づけ、ライフラインなど各契約の解約、財産の扱い、法要などなど・・・

ご家族が身近にいらっしゃればご家族が行われることが多いのですが、おひとりさまの場合は、複数の契約を組み合わせることにより、私たちがご対応することが可能となります。また、契約ですので、ご自身がお願いしたいと思える方に託すこともできます。

以下は、お元気な状態から施設入所→入院→終末医療→相続→死後の手続きを想定した設計例です。
●お元気な間は見守り契約、委任契約によりご本人様のご状況の確認や各種手続を行う。
●施設入所や入院が必要になった場合は、身元保証委託契約により身元保証をする。
●認知症などでご自身での判断が難しくなった場合は、任意後見契約により施設入所や病院関係の契約、財産管理などを行う。
●終末期医療に関しては、たとえば延命治療を行わないという希望であれば、尊厳死宣言公正証書を作成する。
●万が一の事態が起こった後は、ご葬儀、病院の費用清算、各種契約解除などの手続き、お部屋の片づけ、ご逝去後の法要を死後事務委任契約により行う。
●遺言書を作成しておくことで、ご自身の財産をご希望の帰属先にお渡しする。

見守り契約や委任契約を任意後見契約と一緒に結んでおくと、判断がしっかりしている間からこまめに受任者とコミュニケーションをとることができ、ご本人様の異変にすぐに対応ができます。

ご相談者様のご希望を実現するためにはいくつかの契約の組み合わせが必要となることもありますが、ご自身の必要なものだけを選択いただくことももちろん可能です。

「これから」に関するご不安はおひとりさまに限らず、みなさま共通のものだと思いますので、お一人お一人がご希望される「これから」と、ご相談者様それぞれのご事情に応じた設計をご提案させていただきます。

お元気な間うち、意思がしっかりしている間に対策を講じることで、ご自身の希望する「これから」を設計することができます。
認知症や万が一の事態が起こったとき、ご本人様の意思を示すものが何もなければ、周囲が、ご本人様はどうしたかったのだろうと思っても、もはや確認のしようがありません。ご本人様のご希望を実現するため、また、周囲の方にとっての指針となるよう、ぜひご検討いただければと思います。

行政書士法人みらいリレーションは一般社団法人、司法書士とも連携しながら皆様のお悩み、ご相談にトータルでご対応させていただきます。受任者を弊所、連携先とさせていただくことも承ります。ご相談をお待ちしております。

 

古賀美奈子
古賀美菜子
行政書士
Contact

お問い合わせ

無料相談予約のお問い合わせはこちら
外出せずに相談できるWeb相談も実施中!

お電話でのお問い合わせ

全国10拠点からお選びできます。

お電話はこちら

受付時間:平日 9:00 ~ 18:00

メールでのお問い合わせ

ご安心して面談頂けるために、弊社では以下の感染予防対策を徹底しております。

column

おすすめコラム

×